タロット基本用語解説

タロット基礎

大アルカナと小アルカナ

タロットとは「大アルカナ」22枚、「小アルカナ」56枚

で構成されたカードのセット(カードデッキ)です。

大アルカナのみのカードデッキも「タロット」と呼びますが、

小アルカナだけでは「トランプ」の側面が強くになってしまうので、

小アルカナのみのカードデッキを「タロット」と呼ぶことは、

ほぼありません。

アルカナ」とはラテン語でarcanum=アルカーヌムの複数形arcanaであり、「机の引き出し」の意味から引き出しに「隠されたもの」を指し、さらに転じて「秘密」「神秘」などの意味になった。

wikipwdia「大アルカナ」より引用

大アルカナ

人が産まれて死んでまた生き返る。

輪廻転生の旅を描いた、22枚の絵札。

それが「大アルカナ」です。

占い用のカードや、

ゲーム用カードになる前は、

「絵解き」の題材として貴族のサロンに飾られていました。

やまねん☆
やまねん☆

私が講師を務める

対面式のタロット講座では、

この「旅」とカードの絵柄との関連性を詳しく説明することで、

大アルカナのカードの意味をわかりやすくお伝えしています。

タロット講座の詳細はこちら

小アルカナ

トランプの原型。

西洋にある4大元素の思想が象徴として描かれている、4種類のカード。

この種類を「スート」と呼びます。

4つのスート

「火」FIRE ・・・ 棒、ワンド、クラブ、どんぐり etc…

「風」WIND ・・・ 剣、ソード、スペード、葉っぱ、大気(AIR) etc…

「土」EARTH・・・ 金貨、ペンタクル、ダイヤ、鈴、大地、MATTER etc…

「水」WATER・・・ 杯、カップ、ハート

コートカード

人物が書かれたカードを「コートカード」と呼ぶ。

キング  ・・・男性、皇帝

クイーン ・・・女性、女帝

ナイト  ・・・青年、騎士、プリンス

ペイジ  ・・・少年、少女、プリンセス、乞食・農民

数札

「エース(ACE)」と「2~10」が記載されたカードを数札と呼ぶ。

古典の代表的なマルセイユ版タロットの数札は、

トランプのように

象徴となるカップ、ソード、コイン、ワンドが

その数、記載されているのみであった。

ウエイト版が発売されてからは、

寓話的なイラストが主流となっている。

有名なカードデッキ名称

ウエイト版

19世紀から現在まで世界で最も販売されいるタロットデッキです。

小アルカナの数札に象徴以外のイラストが描かれている。

特徴:0=「愚者」8=「力」、11=「正義」となっている 

マルセイユ版

タロットが占い用に使われはじめた16世紀から18世紀の時代に、

もっとも販売されたタロットデッキです。

小アルカナの数札に描かれるのは象徴のみ(金貨、杯、剣、棒)

特徴:0という数字が存在しない。8=「正義」、11=「力」となっている

コメント

タイトルとURLをコピーしました